• ベビーシッターに喜ばれるリフォーム

    都心部では少子化なんて嘘のように子供がたくさんいますが地方に行くと子供の数が少なくなり、学校の統廃合等が相次いでいます。
    いずれにしても少子高齢化は間違いなく進んでおりますが、待機児童の増加が話題になっているように保育資源の活用は全国的な課題になっております。

    女性の社会参画が進み、現在は仕事をしながら子育てをするというのが主流です。
    そんな中、ベビーシッターの需要は益々増加傾向にあります。既存の住宅をベビーシッターに喜ばれるようリフォームして活用するスタイルが脚光を浴びています。

    日本経済新聞

    リフォームによる建物の不具合を未然に直すだけでなく、明るい空間を演出し身近な街の保育に寄与することが可能となります。



    リフォームで気を付けなければいけないことは、建物をしっかり直すことは勿論ですが、それだけに主眼を置かず、子ども目線で行う必要があります。

    生後数か月の赤ちゃんから年長のお子様まで幅広く対応できるように考えることが大事です。

    近年は女性の社会進出が進み、24時間保育などの長時間保育も需要があります参加。
    女性に対する防犯面も考慮したいものです。
    人感センサーや防犯カメラなどがあると安心感が強まります。



    ミルクやおやつなども考慮しますが火の元は細心の注意が必要です。

    小さな子どもは好奇心が旺盛で何にでも興味を持ちます。

    火を使う施設はしっかり区画することが大事です。

    水回りなどの衛生面も大事です。

    ベビーシッターに喜ばれる換気よい環境が望まれます。